何百万ものビットコインがウクライナ戦争に寄付されました

1643

暗号通貨アナリストは、匿名のビットコインドナーから数百万のビットコインがウクライナに注がれていることを明らかにしました。少なくとも1370万ドルはすでにウクライナ戦争に寄付されています。

Credit: startup

ブロックチェーン分析会社のEllipticがその事実を調査しました。この会社の研究者たちは、ウクライナ政府やNGOとともに、さまざまなボランティアグループが資金を集めていると述べました。彼らはお金を集めるために彼らのビットコインウォレットアドレスをオンラインで宣伝しました。最も興味深い部分は、1人のドナーが300万ドル相当のビットコインをNGOに寄付したことです。これまでに約4,000件の寄付がありました。

エリプティックの創設者であるトム・ロビンソン氏は、「一部のクラウドファンディングおよび決済会社は、ウクライナ軍を支援するグループへの寄付を許可することを拒否しているが、暗号通貨は強力な代替手段として浮上している」と述べた。

Credit: usatoday

最近、ウクライナ政府の公式Twitterアカウントがメッセージを共有しました。それは、「ウクライナの人々と一緒に立ちなさい。現在、暗号通貨の寄付を受け入れています。ビットコイン、イーサリアム、およびUSDT」と述べています。政府当局はまた、2つの暗号通貨ウォレットのアドレスを共有しました。これらのウォレットは、8時間以内にビットコインで540万ドルを集めました。

ただし、資金調達プラットフォームのPatreonは、「ComeBackAlive」の寄付ページを一時停止しました。このNGOは、2014年以来、ウクライナ軍のために資金を調達しています。Patreonは、このサイトが会社のポリシーに違反していると主張しました。彼らは、「Patreonが武器や軍事活動に資金を提供するために使用されることを許可していません」と述べました。

Credit: cnbc

暗号通貨の資金調達は世界中で人気が高まっています。しかし、詐欺師たちはウクライナの現在の状況も利用しています。したがって、寄付者は、寄付を行う前に、資金調達NGOの認証を確認することを知っておく必要があります。