職場における障害の包含

286

包括的な職場は、常に労働者の意見を大切にし、彼らの強みを促進します。 障害の包含は、包括的な職場のもう一つの基準です。 それは障害を持つ人々を雇う以上のものを提供しています。 これは、すべての従業員のための平等な権利を提供します。 これは、すべての従業員が学び、共有し、参加する機会を開きます。

クレジット: inc.com

障害は、可視または不可視のいずれかにすることができます。 だから、多くの企業はすでに障害を持つ多くの人々が含まれています。 しかし、職場に障害を含めることは、あらゆるビジネスの重要な部分の一つであることは事実です。

クレジット: employment.com

あなたの既存の雇用のプロシージャのこのプロセスを組み込む必要がある。 障害のある候補者が、あなたの組織が包括的ではないことを発見したり、ポストを申請している間に障壁を感じたりした場合は、他の場所で試してみ

クレジット: eaie.com

あなたの人材プールを拡大することにより、あなたはあなたの組織の障害の包含プロセスを管理することができます。 障害を持つ人々の大半は仕事に努力しています。 時には、彼らは仲間よりも低い速度で働くことがあります。 あなたはあなたの才能プールからそれらに連絡し、必要に応じてそれらを雇うことができます。 それは両方の党のための有用な雇用プロセスである。 この雇用プロセスを通じて、あなたはまた、あなたのビジネス組織内の有能な障害者の従業員を含めることができます。