起業するために重要な3つのこと

313

これまでの人生で、自分の会社を経営することを夢見た人も多いのではないでしょうか。一生、会社員でいいと思っている人はいないでしょう。企業に成功して、高級車にのったり。。。
しかし、実際に成功するということ簡単なことではありません。実際にそこに到達する前の道のりを乗り越えなければなりません。ここでは、そのために必要な3つのステップをご紹介します。

リスクを恐れない

起業することは簡単なことではありません。しかし、失敗を恐れていては、いくらセミナーに参加してもビデオを見てもどうにもなりません。目標を実現するために一番大きなハードルは、資金や事業計画ではありません。リスクを恐れて、挑戦しないことです。

挑戦すること、そして失敗することを恐れないことが、次のステップに進む鍵となります。自分のニーズや価値観に合わせて、ゆっくりとしたペースで小さなことから始めるのが良いでしょう

計画する

どんな事業をするかを決めたら、次は自分の見通しと目標を明らかにして計画を立てることです。徹夜や睡眠不足に陥ることなく、自分のニーズや期待に基づいて、自分のスケジュールや興味、能力に合わせて、事業を計画しましょう。

また、現実的な収入プランを計画することも重要です。非現実的なプランを作ってしまうと、どんなにいい事業でもうまく運営できなくなってしまいます。というのも、企業をしてからすぐは、どんなことに時間がかかります。結局のところ、計画を立てることは、自分自身を見つめ直して、やりたいと思うことを決め、そこに到達するための一種の予行演習のようなものです。

”練習”

能力を身につけたばかりの頃は、基本的に自分のできることを広げ、失敗の改善や変化に対応する方法を模索しながら企業を立ち上げていくものです。スタートアップとして、このようなプロ意識に自分を持ちあげていくことが、成功への近道です。経営者は常に “練習 “をしています。失敗を乗り越えても、つまづいても、再挑戦するのです。

失敗しても、新しいことを学んでも、それを心に留めておくことが大切です。成功をするためには、専門知識を持ち専門的な経営モデルを確立させることが重要です